LYRICS

作詞:イノ・ブランシュ

作曲:岸 正之

あなた待つホームから 見える景色は遠い海 春めく風に誘われる神戸線 のどかに 紺色のつめ襟の あなたは少してれたふう どきどきするわ 生意気なあなたなの いつもは 電車の音 まぎれ 「遊び過ぎたみたい」と 黙ってるわたしの瞳 不安気にのぞくの 卒業式が終わって 春休みが過ぎてけば 4月からあなたより1つ上級生になる おこってるからじゃないの 無口になってるわけは 過ぎて行く季節のことを 想ってただけ 坂道を上りきり 見下ろせば ほら船の影 優しくわたし包んでる この街は いつでも ジェラートをなめてても やっぱりあなた 元気ない 「嫌われても仕方ない」と思ってる ばかなの "アイランド・キャフェ" stary high‐way 一緒にやったパーティ そんな memories 一瞬に消えるわけないでしょう? 制服にさよならして 電車の駅が変わって 4月からあなたより1つ 上級生になる いつの日かこんなふうで いられなくなるとしても 今はただ優しい日射しに 甘えていたい おこってるからじゃないの 無口になってるわけは 過ぎて行く季節のことを 想ってただけ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります