詩書きとコーヒー

詩書きとコーヒー

Track by ヨルシカ

47,373
301
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:n-buna

作曲:n-buna

最低限の生活で小さな部屋の六畳で
君と暮らせれば良かった
それだけ考えていた
幸せの色は準透明
なら見えない方が良かった
何も出来ないのに今日が終わる
最低限の生活で小さな部屋の六畳で
天井を眺める毎日
何かを考えていた
幸せの価値は60000円
家賃が引かれて4000円
ぼやけた頭で想い出を漁る
冷めた目で愛を
語るようになっていた
冷めたコーヒーも
相変わらずそうなんだ
嫌いだ
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ わかんないよ
想い出になる
君が邪魔になっていく
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ
上手な歩き方も
さよならの言い方も
最小限の音量で
少し大きくなった部屋で
止まったガスも思い出も

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります