少年と花火

少年と花火
157,911
2,054
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:ケツメイシ

作曲:ケツメイシ / D.N.A.INSTRUMENTAL

空に舞い上がる花火が
僕の声をかきけした
遠く離れても またここで
見ようねって 約束したかったんだ
初めて君に会った夏の日
忘れないあれから時は経つのに
焼けた肌 白い歯 坊主頭で
いたずらに笑う あそこの川原で
どうしていいか 分からない僕は
ひたすら君の背中だけ追った
川遊び楽しい 草木の香り
抜けるような空 どこまでも青い
蛙 カブトムシにオケラ バッタ
見る物すべてが新鮮だった
鈴虫リンリン せせらぎに染み入る
最期の叫び 遠くからミンミン
あの夏の日 放り投げたノート
皆で必死に追い掛けたトンボ
夕立ち打たれ ずぶ濡れ走った
気付けば笑い 友の輪交じった
君と最後に見た花火が
大空をうめつくした
お月様も笑ってた
僕だけは 寂しかったんだ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります