時代おくれ

時代おくれ

Track by 玉置 浩二

17,217
263
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS
一日二杯の酒を飲み
肴は特にこだわらず
マイクが来たなら微笑んで
十八番を一つ歌うだけ
妻には涙を見せないで
子供に愚痴を聞かせずに
男の嘆きはほろ酔いで
酒場の隅に置いていく
目立たぬように はしゃがぬように
似合わぬことは無理をせず
人の心を見つめ続ける
時代おくれの男になりたい
不器用だけれど しらけずに
純粋だけど 野暮じゃなく

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります