十七歳

十七歳

Track by SKY-HI

38,646
419
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:SKY-HI

作曲:SKY-HI/CHIVA

見慣れた街17の秋 抑えきれない感情の波 眼に映る全てが敵に見えた 舐められない様尖って見せた 二度目の停学=退学ヘリーチ まぁそれも楽でいい 次第に学校も行かなくなった 親も諦めてしばらく経った 生きることすらそもそも不得手 部屋にこもる時間だけが増えて 親のいないある日のチャイム 無視してたけどしつこさに参る インターホン女の声 隣のクラスの新人教師何故ここへ? 「あんたが出てくるまで来る」 まっすぐな声が神経逆撫でする それから本当に毎日来ては 小うるさく説教してみせた 意気地なしだなんだ好き勝手言う んなこと俺が一番わかってる 言う通りするのも癪だけど このままじゃ地獄まで 着いて来られそう 「わかった顔出すよ」つい言った その時の笑顔が一番効いた 17's Blues ずっとその声は聞こえてたんだ でもそれはでもそれは あまりに眩しすぎて 17's Blues ずっとその声を探してたんだ ねぇもしも夢が叶うならもう一度… 来たら来たで厄介な日々だ 今までのツケが響いた 赤点が1,2,3… どのみち進級は厳しいな 居心地の悪いこの場所 でもあいつがやって来る放課後 受け持ち外の教科の補修 日が暮れるまで居残る 段取りが良いとは言えなかった けど必死な眼から逃げられなかった ついつられて頑張った 多分あいつに認められたかったんだ おかげで進級した新学期 どこにもあいつがいない なんでもだいぶ遠くの街に 急に決まった異動らしい 「挨拶もなしでなんでやめた?」 教頭捕まえてやっと聞き出せた どうやら俺の面倒ばかり見すぎて 関係を疑われた 「ふざけんな!」怒声が校舎に響く あいつは今どこにいる? …でもどのツラ下げて 会いに行ける? やり場のない気持ち風に消える 17's Blues ずっとその声は聞こえてたんだ でもそれはでもそれは あまりに眩しすぎて 17's Blues ずっとその声を探してたんだ ねぇもしも夢が叶うなら… 見慣れない街ハタチの秋 俺が進学とか笑える話 少しだけどツレも出来た 実はささやかな夢も出来た そんなある日寝過ごして知らない駅 終電逃しタクシー乗る羽目に ふてくされた俺の目に 飛び込んだ嘘みたいな運命 少し髪が伸びたあいつがいた と思えば向こうも気がついた 積もる話が止まらない でも伝えたいのは こんな言葉じゃない 意を決して勇気を出した その時彼女に迎えが来た 少し年上の男 胸には彼女に良く似た子ども 「出会って二年、籍も入れたんだ」 そう言って彼女ははにかんだ 俺の知らない笑顔を見て 出かかった言葉を押し殺して 最後に「ありがとう」だけ伝えた 何年かぶりに涙が出た この涙の二つ目の意味は 俺だけ知ってりゃそれでいいや 17's Blues ずっとその声は聞こえてたんだ でもそれはでもそれは あまりに眩しすぎて 17's Blues ずっとその声を探してたんだ ねぇもしも夢が叶うなら もう一度…

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります