AWAの学割 中学生以上の学生ならこんなにおトク!月額980円が月額480円に。まずは1か月無料でお試し!

Red

Red

Track by Taylor Swift

191,282
21,805
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:テイラー・スウィフト

作曲:テイラー・スウィフト

Loving him is like driving a new Maserati down a dead end street 彼を愛するということはまるで新車 のマセラティで行き止まりの道へ突 っ込むようなもの Faster than the wind, passionate as sin, ending so suddenly 風よりも早く、ばかげた様に情熱的 なのに終わりは突然やってくる Loving him is like trying to change your mind once you're already flying through the free fall 彼を愛するということは、わかって いてもどうすることも出来ないこと と同じ Like the colors in autumn so bright just before they lose it all それはまるで散る直前に色鮮やかに なる秋の紅葉のよう Losing him was blue, like I’d never known 彼を失うことは青、今まで知らなか った青色 Missing him was dark gray, all alone 彼の面影を探す私は孤独で灰色 Forgetting him was like trying to know somebody you've never met 彼を忘れることは会ったこともない 人を知るようなもの But loving him was red でも彼を愛することは赤色 Loving him was red 間違いなく赤色だった Touching him was like realizing all you ever wanted was right there in front of you 彼に触れるということは、今まで欲 しかったすべてのものが目前にある と気がつくようなもの Memorizing him was as easy as knowing all the words to your old favorite song 彼のことなら知っている曲の歌詞を 覚えるくらいどんな事でも頭に入っ てくる Fighting with him was like trying to solve a crossword and realizing there's no right answer 彼と喧嘩するということはクロスワ ードの答えを探して本当の答えはな いと気がつくようなもの Regretting him was like wishing you never found out that love could be that strong 彼について後悔することはこんなに 強烈な愛を知らなければよかったと 、今さら願うようなもの Losing him was blue, like I’d never known 彼を失うことは青色、今まで知らな かった青色 Missing him was dark gray, all alone 彼の面影を探す私は孤独で灰色 Forgetting him was like trying to know somebody you've never met 彼を忘れることは会ったこともない 人を知るようなもの But loving him was red, oh red, でも彼を愛することは赤色 Burning red 燃えてるような赤色だった Remembering him comes in flashbacks and echoes 彼の事が頭の中で響くようにフラッ シュバックする Tell myself it's time now gotta let go もういい加減忘れなくてはと自分で もわかってるはずなのに But moving on from him is impossible 彼を忘れる事ができない when I still see it all in my head…in burning red 私の中には今もまだあの燃えるよう な赤色が残っている Burning, it was red 燃え上がるような赤色 Losing him was blue, like I’d never known 彼を失うことは青、今まで知らなか った青色 Missing him was dark gray, all alone 彼の面影を探す私は孤独で灰色 Forgetting him was like trying to know somebody you've never met 彼を忘れることは会ったこともない 人を知るようなもの Cause loving him was red, yeah yeah red, burning red なぜなら彼と愛し合ってたあの時は 赤色だったから、それは燃え上がる 炎のような赤色 And that’s why he’s spinning around in my head 頭の中でずっと回り続けている Comes back to me in burning red あの日の燃えるような赤色が戻って きて欲しい Loving him is like driving a new Maserati down a dead end street 彼を愛するということはまるで新車 のマセラティで行き止まりの道へ突 っ込むようなもの

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります