YAMABIKO

YAMABIKO

Track by NakamuraEmi

79,803
951
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作曲:NakamuraEmi

歩き出した山道はガラスの破片が多
いんだ
打ち勝てず
泣く泣くやめた人たちが
落としていった警告の証
刺さったもんなら痛くて
心臓や脳まで貫く痛み
涙を拭くハンカチなんてないんだ
Tシャツで拭って前を向け
ここから見える場所は
私がいた高校だ
「あの時は輝いていた」
「今つまらないのが当たり前」
そんなの自分次第だ
あの時より輝いていたいじゃんか
あの時より
あの時より
あの時より
あの時より
そうオリジナルの夢は
"助けて誰か私の背中を押して"
って願うもの 己を信じろ
膝枕の眠りにおいて
必死すぎて気づくと床で寝る夜が
いつか上がる花火に
点火することになるんじゃないのか
上に行けば道は
何の音も聴こえない
自分の足音だけが ザッザッザッ
自分の呼吸だけが ハッハッハッ
明日が同じように来るのか
わからぬことを日本に教わる
でも明日を信じて歩け

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります