長い話

長い話

Track by 熊木杏里

1,122
20
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

17歳の頃は 流行りに身をあずけて
クラブや朝帰りも親の知らないこと
いつも家に帰ると母は泣きながら
「そんなに家が嫌いか」と
裏返った声で言った
ノートの一番最後のページに書いた
将来の夢も浅はかなものでした
18になった頃は 恋に恋をして
ままごとの様な暮らしに
うぬぼれていた
2つ年上の彼は口グセのように
「そんなに家族が好きか」と
分からないことを言った
財布の中身と終電が終わっても
引き止めてくる彼が好きで別れた
19歳の頃は 自分を知ることと
夢を結んでくれた歌に出会った
父は嬉しそうだった
ギターで歌ってた
それまでにいない家族が
増えたような気がした
三度のメシより好きかと聞かれて
画家を目指したことは
お蔵入りになった

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります