サマラブ超特急

サマラブ超特急

Track by the peggies

12,231
150
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:北澤ゆうほ

作曲:北澤ゆうほ

眩しい日差しに飲み込まれそうにな る 僕は、暑さにやられてどうにかなっ ちゃったのかな 裸足で駆け出す 待ち続けた今日 海はすぐそこさ 触れてしまいそうなくらい想ってる 強がっている夏の太陽 僕の心まで焦がさないで 最高潮のラブが超特急で過ぎてゆく んだ いつもそうやって背伸び気味の君 誰かを見てるの? 今は君のため息さえ聞いてたい 幻のように過ぎていく日々 一つだけ変わらないものを 手に入れたいよ ラブは超特急で過ぎてゆくから 強がっている夏の太陽 もう少しで日が暮れちゃいそうだ 明日も会いたい、なんて声にならな い 夏を駆け抜けるんだ 神様がいたずらになる季節 信じているのは この胸の高鳴りとアイスクリーム それだけで十分だった 何処へでも行ける気がしてたんだ 強がっている夏の太陽 僕の心まで焦がさないで 最高潮のラブが超特急で過ぎてゆく んだ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります