カタツムリ

カタツムリ

Track by GADORO

94,965
975
登録不要!無料で聴き放題
LYRICS

作曲:YUTO.COM

手作りのブランコ竹の水鉄砲チラシ
の裏に描く真っ白な自由帳
金はないがそこに彩があった無邪気
に戯れた一時の団欒
参観日一人だけ相の違う保護者ニケ
ツで乗せてくれた電動自転車
垂れ乳の素っ裸で歩き回ったボロ部
屋ハエ叩きは必要ねえ全て素手の神
遠い将来はプロ野球選手にあなたの
誕生日にヒーローのインタビュー
今じゃヒーローどころか悪役だな俺
の失態をどんな面で見てんのかな
両親がおらん時もそばにいてくれた
どんな困難があろうと笑顔だけは消
えなかった
戦争を生き延びた大和なでしこは戦
わない俺に何を告げるんだろうな
しわくちゃの笑顔よみがえる今もた
いして離れてもねえ俺はここにいる
カタツムリみたく丸まったその背中
は困難を前のめりに生きた現れだろ
時間が経つだけで実感が湧かねえ死
んでも生きてくれ俺は信じてるぜ
つまんねえ生き方で裏切ってごめん
なこっからは俺の道だ
親父が釈放されて引っ越しを決めた
独り身になるばあちゃんは不満げな
様子だ
大丈夫だって俺が毎回遊びに行く孤
独にはさせねえから心配はすんな
その言葉が俺の初の嘘になった時は
経ち大人になり会う機会も減った
時より掛かってくる電話すらも出な
くなり繰り返す入院には慣れすらも
生まれた
ベッドの上ではきっと孤独だったは
ずなのに
その時に何で気づいてやれなかった
んだろうな

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります