200X年・・・公園

200X年・・・公園

Track by THE JAYWALK

40
2
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:知久 光康

作曲:杉田 裕

2千何年かの 晴れた日曜の午後
誰もいない小さな公園に 俺はいる
ベンチに腰を下ろせば
あの日の事がよみがえる
若い恋の終わりの
ちぎれた言葉のかけら
あの頃話した未来に
君はたどり着けたのか
目の前の恋人より まだ見えない
未来を見てた俺
「忘れないよ」って言ったね
慰めにもならないね
涙が乾いた砂に落ちて
とりとめもない未来に
それぞれの夢が揺れた
季節の終わりにいた俺達

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります