AWA

愛のひとひら

Track by伍町太志

2
0
  • 2020.04.22
  • 3:46
AWAで聴く

歌詞

絶えることを知らぬ 風はまだ止まず 桜色の花が 枝と揺れている そうしてまで 先を急いで 行き着く先 誰が待つのか そうしてまた 木立の中 突然に吹き抜ける 花咲く孤独の小道 乾いた風は 小枝にすがり続ける ひとひらの愛をなでた 衰えることはなく 風はもう止まぬ やがて花びらは ただ散ってゆくだけ のんべんだらり いられやしない 花咲く日を 待ちわびるほど そうしてまた 命は暮れてゆく空の如く 運命と知ってなお咲くが 花よと揺れる 刹那を生き急ぐ花 蕾のままいるものか 雪崩れて舞い上がってゆく ごらん 炎のように 空へ手を伸ばしては 掴んでいたよ確かに 大地に立って 根っこを張って 孤独に耐え 誰を待つのか そうしてまた 巡り合いは 突然に吹き抜ける はらはら流されゆけば 陽の当たる道で 静かな骸の海が ひとひらの愛を抱いた 花咲く孤独の小道 乾いた風に ただ木は揺られ続けて 花吹雪を眺めてる

このアルバムの収録曲

  • 1.愛のひとひら
このページをシェア

伍町太志の人気曲

伍町太志のアルバム

伍町太志
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし