冷凍睡眠

冷凍睡眠

Track by amazarashi

11,081
58
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

冷えたコンクリート
もたれて頬を付ける
目線の先 西日に漂う埃を見る
何を話すでも無く 身動きとれず
僕は下手な絵空事
ばかりをずっと空想する
「もう助からないだろう」
君の父さんが言う
丁度その時
眼を細めて笑う君を思い出す
願えば叶うっていう
言葉の空虚さだけが
僕の人生にそれからずっと
ぶら下がり続ける
心臓は動いたまま眠り続ける
君がもしも死んだら
僕も死ぬ事が出来ただろうか
あれから数ヶ月
食うや食わずの生活
生きながらに死んでいるって
意味では僕も同じだ
この世界からの逃避
ばかり考えるのが 癖に
なり始めた頃に
保険会社の新商品
テレビ ラジオ ネットに
最近目にするコピー
「睡眠中に増える預金」 冷凍睡眠
未だ消えぬ鮮明な美しき日々の色と
幾ら願ってみても決して叶わない事
分かっているが時は絶えた
既に手遅れ
だからいっそ全部忘れて
眠らせてくれ
延命措置によりただ続く寝息も
後ろ髪引かれるだけの
断ち切れない糸
堪え難い 悪夢みたい もう忘れたい
いや 忘れない 分からない
おやすみなさい
それから六十年 僕は眠り続けて
月日は文字通りの悪夢として過ぎて
流転する万物は 無愛想で
冷め冷めとした態度だが
僕にとっては未だ恩人で
あらゆる景色が変わり
君の病院も無くなり
始めは苦労した暮らしも
今ではなんとかやってる
晴れ晴れしい気持ちで
新しい人生をやり直す
君の事は忘れたよ
ってそんなわけはない
美しい様々には魂が宿り
その根底の連結で
「美しい」は連なり
例えば夕暮れに望郷が蘇る様に
美しい様々が君の面影を呼び
その儚さに脅され続ける
日々の果てに
行き着くどん詰まりは
やはり生き死にの闇

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります