しあわせの小さな庭

しあわせの小さな庭

Track by 長渕 剛

3,973
83
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:長渕 剛

作曲:長渕 剛

気の病に犯された夢遊病者のように
幾日も四畳半に閉じこもりっぱなし
引きちぎった
電話線をてめえの首に巻きつけ
「死にてえ」などとお茶目に
かわいぶってみた
やっと手に入れた
“花の東京”200坪の土地
適当な家をおっ建てた
隔離されてる俺の部屋の窓から
みごとな咲きっぷりの
赤と白の花々たち
ひと群れの太い
木々たちが織りなす花々は
黙ったまんま腐る
俺をいやしてくれる
そして俺は不安と
恐怖からとき放たれる
我が家の庭先に小さな畑を
妻と三人の子供と耕し造った
いっしょに汗をかきかき種をまいた
「しあわせの花がどうか
咲きますように...」と
お祈りしてからひとつ目の夏の終り
やっと花を咲かせた天高い向日葵
俺たち東京 五人家族の土の上から
灰色の空に垂直に向かう
五本の向日葵たち
明日、俺 40回目の誕生日だ
花を見上げる俺たちはなぜか
黙っている
瞳たちよ、このまま
真っ直ぐはるか天まで届いてゆけ
やがて咲いたばかりの
背い高ノッポの向日葵も
朽ち果て、しおれ、
うなだれ、腐り、土にかえる
その時花の命の短いはかなさを
天を仰ぐ我が子は
初めて知るのだろう
APPEARS ON PLAYLISTS

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります