耽溺ミラアジュイズム

耽溺ミラアジュイズム

Track by kradness

776
17
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:Camellia (Quarks)

作曲:Camellia (Quarks)

朝靄で霞んで 隣り合う二つの陰
静かに 五月雨が泣き出して
雨 雨 雨で濡らす
綿密な嘘(うそ)を
何枚も塗った素肌も
読み解かれる
陽炎(かげろう)の絡み目
君の温度を どんな詞(ことば)にも
今は起こせない
冷やかな熱を
私だけが知っている あゝ
一縷の距離は 月程も近く
何故か届かない
詰めてしまいたい
音も無いような数寸を
モダンを羽織っても肌寒い
夜長の陰
桜は然(さ)してまだ舞わないけれど
風 風 風が香る
行間に埋(い)けた
火種が籠る戯言(ざれごと)
読み解いて 私毎ミラアジュを
君の声音(こわね)に
ルビなど要らない 蛇の足だから
どんな紅玉(こうぎょく)さえ
APPEARS ON PLAYLISTS

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります