華振舞

華振舞
64,272
1,650
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:いぶくろ聖

作曲:サボハニ

華びらがクスリと笑う
揺れて廻り堕ちて行方知らず
道端に咲いてた
白い小さな花ひとつ
誰ひとり名前も香りすら知らぬまま
大盤振舞 夢と期待を花によせ
輝いたその身を
握りしめ駆け出した
でも本当は
この手を握りしめてほしい
でも本当に
想いが叶うことがあれば
ほらね ほらね 胸の鼓動が
加速してく 空想なのに
ひい ふう みい よお いつ
答えが 見えてくる?
華びらがクスリとわらう
目をそらせば枯れた花の骸(むくろ)
華びらがフワリと堕ちる
揺れた心の隙埋めるように
華びらがクスリとわらう
夢うつつの中で もがくワタシ
華びらがクルリとそよぐ
裏返しのこの仕草
恋心のせて散りてゆく
華振舞
蝉時雨あふれた
あの日アナタは振り向いて
煌めいたその眼で
心 射抜いたのです
その日からワタシは
熱い気持ちを胸に秘め
夕立を浴びては
火照り冷ましていた
でも本当は
この身を強く抱いて欲しい

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります