AWA

東京カランコロン

お気に入りされている
4,570
AWAで聴く
このページをシェア

人気曲

一緒に聴かれているアーティスト

バイオグラフィ

2009年5月より現メンバー編成にて活動開始。 翌2010年6月ディスクユニオンにて2ndデモCD取り扱い開始後、インディーズチャートで連続1位を獲得。 その後、自主制作音源がTOWER RECORDSプッシュアイテム『タワレコメン』に選出されるという異例の抜擢を受け、急遽TOWER RECORDSでの全国展開が決定。 10月 『東京カランコロンe.t.』を初の全国リリース。 12月に行われた初の自主企画、『ワンマ ソ』ではゲストバンドを迎えた初のワンマンイベントを行い、200人以上の動員を記録し大反響にてイベントを終える。 翌2011年、自主企画第2弾『ワンマ ソvol.2』のプレイガイドのチケットが即日完売、公演日2ヶ月前にしてSOLD OUT。大盛況の内に終える。 5月に1st mini albam 『あなた色のプリンセス』を発売。 リードトラックである『ラブ・ミー・テンダー』はTOKYO FM「RADIO DRAGON」でのパワープッシュとなる。 同月テレビ朝日系列の番組「ストリートファイターズ」にてインディーズとしては異例の20分近くの特集が放送される。 7月、「スペースシャワー列伝~三面鏡の宴~」に出演。 8月にリリースツアーファイナルとして初のワンマンライブ『ワンマ ん』を新代田feverにて開催。 公演1ヶ月前からチケットはSOLD OUTとなる。 10月には1st single 『少女ジャンプ』の発売、オリコンインディーチャート2位を獲得しロングセールスが続く中翌月には代官山UNITにてレコ発『ワンマ ソvol.3』の開催する。 2012年1月、主催のサーキットイベント「ワンマソフェス2012」を渋谷O-nest 5階・6階+7th FLOORの3会場同時開催で行う。プレイガイドのチケットが即日完売となる。 4月、2nd single『×ゲーム』を発売、アートワークに古賀鈴鳴氏・プロデューサーに竹内修氏という最強の布陣で制作、東京、大阪、名古屋にて「ワンマソツアー」を開催。 8月、エイベックスよりミニアルバム「ゆらめき☆ロマンティック」でメジャーデビュー。 Vo.keyせんせいをフィーチャーした"ナツ盤"のミニアルバムのリード曲は元チャットモンチーの高橋久美子さんが初の作詞提供、アートワークは新進気鋭のクリエイター、ファンタジスタ歌磨呂氏が担当している。 9月、渋谷CLUB QUATTROでメジャー・デビュー後初となるワンマンライブ『ワンマん2012』を開催。 チケットは数分でソールドアウトとなる。 11月にはVo,Gtいちろーをフィーチャーした"フユ盤"「きらめき☆ドラマティック」をリリース。 リード曲はリリー・フランキーさんが作詞を提供。 さらに、12月13日に恵比寿LIQUID ROOMで「ワンマ ソVol.4」を開催し、チケットはSOLD OUT。 そして2013年2月13日、メジャー1stフルアルバム「We are 東京カランコロン」をリリース。 初のワンマンツアーとなる「ワンマ んツアー2013」はファイナルの赤坂BLITZを含め全6公演ソールドアウト。 7月10日にはメジャー1stシングル「16のbeat」をリリース! 10月14日には、2回目の開催となる「ワンマ ソフェス2013」の開催! また11月27日には、メジャー2ndアルバム「5人のエンターテイナー」をリリース! 2014年1月30日の仙台公演を皮切りに始まった「ワンマ んツアー2014」は、ファイナルのZepp DiverCity Tokyo公演を含む全10公演を大盛況のうちに終了! 5月14日にはメジャー2ndシングル「恋のマシンガン」、 7月16日にはメジャー3rdシングル「笑うドッペルゲンガー」をリリース! 2015年1月14日にはメジャー3rdアルバム『UTUTU』 をリリース、 そして6月10日にメジャー4thシングル『スパイス』をリリース! 初の東名阪ホール公演を含む「ワンマ んツアー2015」を開催し、ファイナルの中野サンプラザ公演を大盛況に終えた。 唯一無二の楽曲とライブパフォーマンスを見せつけ、精力的に活動中。
…もっと見る
東京カランコロン
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし