AWA

Mr. Big

お気に入りされている
5,424
AWAで聴く
このページをシェア

人気曲

一緒に聴かれているアーティスト

バイオグラフィ

デイヴ・リー・ロス・バンドなどで活動していたビリー・シーン(ベース)、実力派ヴォーカリストのエリック・マーティン(ヴォーカル)世界最速の技巧派ポール・ギルバート(ギター)、セッション・マンとして知られるパット・トーピー(ドラムス)の4人により結成。個性あふれる才能とそれぞれのプロフェッショナルが集まり、1989年にアトランティック・レコードより、セルフ・タイトル『MR.BIG』でデビュー。 そして、91年に『リーン・イントゥ・イット』が大ヒット。ポールとビリーがドリルを使って掛け合いをする強烈なナンバー“ダディ、ブラザー、ラヴァー、リトル・ボーイ”などの話題曲も収録しキャッチーなメロディを持ったハード・ロック・グループとして日本においても絶大な支持を得る。そして、あるラジオ局のDJが掛け始めたという、バラード・ナンバー「トゥ・ビー・ウィズ・ユー」は、最終的に全米1位にまでチャートを上り詰めるトラックとなり、このアルバムで大きな飛躍を遂げる。 そして93年に発表した3rdアルバム『バンプ・アヘッド』でもキャット・スティーヴンスの“ワイルド・ワールド”のカバーを収録し、日本での人気は不動のものとなった。さらに96年には、ヒット・シングル「テイク・カヴァー」を収録した第4弾アルバム『HEY MAN』を発表。この作品は、なんとオリコン総合初登場No.1の偉業を成し遂げる。 MR.BIGは、発売するアルバムが、それぞれ数十万枚の大ヒットを記録するというモンスター・グループとなり、96年に発売されたベスト・アルバム『Big,Bigger, Biggest』では、100万枚に迫る巨大なセールスを記録する文字通りのスーパー・ロック・グループとなった。 その一方で、個性と才能がぶつかりあう集団であるグループならではの、くすぶっていたといわれる人間関係が、1998年、サウンドの要だったポール・ギルバートが脱退するという形でついに表面化する。 しかし、その後99年には、ポール・ギルバートに代わり、リッチー・コッツェンをギターに迎え、オリジナル第5弾アルバム『ゲット・オーヴァー・イット』をリリースし、再び日本では大きなセールスを挙げる。しかし、2001年にリリースしたアルバム『アクチャル・サイズ』を最後にビリー・シーンも脱退しバンドは解散、活動は停止し その後は、それぞれソロ・プロジェクトなどで独自の活動をスタートさせる。 そして、デビュー20周年にあたる 今年、2009年 13年ぶりにオリジナル・メンバーでの再結成が決定、 6月には、日本縦断のツアーが決定している。
…もっと見る
Mr. Big
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし