Mêlée

お気に入りされている
440
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS7 ALBUMS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
クリス・クロン (Lead Vocals, Piano and Guitar) リッキー・サンズ (Lead Guitar and Vocals) ライアン・マロイ (Bass & Vocals) デレク・ロック (Drums and Vocals)  彼らは1999年、ティーンのころにバンドを結成。そしてしばらくの活動後、インディ・レーベルであるHopeless Recordsの関連会社であるSub Cityと契約した。パンクのリヴァイバル的な要素や、エモの要素も兼ね備えながらも、彼らの音楽性は、よりソングライティング/楽曲の良さに重要性を置いたモダン・ロック・サウンド的なものとなり、彼ら4人はMeleeとして、そしてSub Cityレーベルからの最初のアーティストとしてデビューを果たした。  彼らのさわやかで歯切れのよいサウンドは、多彩さを伴って、2004年のデビュー・アルバム『EVERYDAY BEHAVIOR』に結実。コールドプレイ、キーン、或いはデス・キャブ・フォー・キューティ的な洗練されたロック・サウンドを展開しながらも、Meleeは、若々しいSub City/Hopless Recordsのアーティストとしての特性を失うことは無かった。  2005年の時点で、彼らは音楽的な進化を更に遂げながらも、その一方、アメリカの超人気テレビドラマ「THE O.C.」(まさに彼らの出身地であるオレンジ・カウンティが舞台の青春ドラマ)のサウンドトラック・アルバムへ自分たちの曲が収録されることを、ひとつの目標とするような気持ちも持っていた。  そんな中、数え切れないほどの地道なライヴ活動を経て、遂に彼らはメジャー・レーベルであるWARNER BROS. RECORDSと契約。2007年4月3日にデビュー・アルバム『DEVILS & ANGELS』が全米リリースされた。日本でもこの輸入盤が大きな話題を呼び、国内盤も8月にリリースされ、1stシングルの「永遠のハーモニー」が大ヒットを記録した。10月にはプロモーションのため初来日。2008年1月には初の単独日本ツアーのため再来日、7月にはフジロック・フェスティバル出演のため、さらに再来日するなど、すっかり日本びいきとなっている。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります