AWA

Naughty By Nature

お気に入りされている
699
AWAで聴く
このページをシェア

人気曲

一緒に聴かれているアーティスト

バイオグラフィ

ニュージャージー出身のトレッチ(MC)、ヴィニー(MC)、ケイ・ジー(DJ)の3人からなるノーティ・バイ・ネーチャーは、ヒップホップの伝説的レーベル=トミーボーイ・レコーズから数多くのヒットを放った90年代を代表するヒップホップ・グループ。 91年にトミーボーイから、ジャクソン5の「ABC」をサンプリングしたシングル「O.P.P.」をリリースすると、全米シングルチャート6位となり一躍脚光を浴び、続くボブ・マーリー「No Woman No Cry」をサンプリングしたシングル「Everything Is Gonna Be Alright」もスマッシュ・ヒット。これらを収録した91年リリースの2ndアルバム『Naghty By Nature』はプラチナ・セールスを記録した。 翌92年には、2パックが主演したブラック・ムービー『Juice』のサウンドトラックに提供した「Uptown Anthem」のヒットを放ち、93年には3rdアルバム『19 Naughty Ⅲ』をリリース。このアルバムからは、スパイク・リーが監督し、クイーン・ラティファ、イージー・E、ランDMCら数多くのヒップホップ・アーティストが出演したビデオ・クリップも話題となった「Hiphop Hooray」がR&B/HIPHOPシングルチャートで1位に輝いた。 95年には4thアルバム『Poverty's Paradise』を発表。全米シングル・チャートで最高17位というヒット・シングル「Feel Me Flow」を収録したこのアルバムは、グラミー賞で新たに創設された「最優秀ラップ・アルバム」部門で初受賞した。 同年、自らのレーベル=Illtown Recordsを立ち上げ、弟分のグループ、Rottin Razkalsらを輩出した彼らは、1999年に5thアルバム『Ninteen Naughty Nine : Naughty's Fury』をリリースし、シングル「Jumboree」が全米シングルチャート最高10位というヒットに。 その後、諸般の理由でDJのケイ・ジーがグループを脱退し、自身のプロダクション=Divine Millを設立。プロデューサーとしてジャヒームやコフィ・ブラウンらをブレイクさせる一方、残った2人は2002年にアルバム『IIcons』をリリースし、ノーティ・バイ・ネイチャーとして活動を継続。 2006年にはコンサートでケイ・ジーがグループへ復帰し本格的にリユニオンを果たす。2011年9月にはビルボード・ライヴにて再結成ジャパン・ツアーが実現したのに続き、3人が揃った作品としては実12年ぶりとなる待望の新作のリリースが年内に予定されている。
…もっと見る
Naughty By Nature
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし