RICKY MARTIN

お気に入りされている
798
登録不要!1か月無料で聴き放題
POPULAR TRACKS
ALBUMS24 ALBUMS
USERS ALSO LISTEN TO
BIOGRAPHY
グラミー賞と複数のラテン・グラミー賞を受賞したリッキー・マーティンは、この世代のラテン・ミュージック界の中心的人物である。 彼の生まれ持ったリズム感、パフォーマンスへの情熱、そして寛大な思いやりの心は、世界中のファンに愛されている。 メヌードの一員として過ごした5年間の間に既にスポットライトを浴びることに慣れていたリッキー・マーティンは、1991年にセルフ・タイトルのソロ・デビュー作をリリースし、独自の音楽の道を歩み始めた。 初期の2作がスペイン語圏におけるスーパースターとしての地位を瞬く間に確立した中、マーティンの人を惹きつけるパフォーマンス能力が、当時ラテン・ミュージック・アーティストに存在すると思われていた限界を超えたところのオーディエンスを魅了するようになるまで時間はかからなかった。 1995年の〈マリア〉や、世界的ヒットとなった1998年のワールド・カップ賛歌〈ラ・コパ・デ・ラ・ヴィダ(ザ・カップ・オブ・ライフ)〉など、シングルの画期的な成功を次々と収めてきたマーティンは、真のグローバル・スーパースターや生まれながらのパフォーマーのレベルへと一気に上りつめ、迫り来ていた文化的革命を先導するようになる。 1999年2月24日の夜に行われた、第41回グラミー賞授与式での〈ザ・カップ・オブ・ライフ〉の歴史的パフォーマンス。リッキー・マーティンがアメリカ人音楽ファンの意識に飛び込んだときだった。ニューヨーク・タイムズ紙は、そのグラミー賞の名場面を「ポップ・ミュージック界の火口(ほくち)に火を点けた」と絶賛し、瞬く間に地位を確立したマーティンを「アメリカのラテン・カルチャーにおける新たなメインストリームのシンボル」と称した。 ビルボード誌に「世界的ポップ・アイコンにしてラテン音楽界のグローバル・アンバサダー」と称され、ラテンレコード協会からは史上最年少で「パーソン・オブ・ザ・イヤー」の栄誉を与えられたリッキー・マーティンは、これまで6,000万枚のアルバムを売り上げており、現在も世界中のスタジアムやアリーナを埋め尽くすオーディエンスに向けて演奏活動を行っている。マーティンはそのキャリアの功績と幅広い慈善活動を称えられ、名誉ある国際的な賞を数十回受賞している。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります