雨模様リグレット

雨模様リグレット

Track by 石原夏織

401
5
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:只野菜摘

作曲:Motokiyo

雨が窓をつたっている 一人 ベッドにもたれて 夜のカーテン あけはなして そとが濡れていくのを見てる さみしい心は乾かずに 今もそばに続いている すれ違いでいたくないよ 終わりにしたくない あの日 耳を傾けてたら その日 追いかけて走ってたら 冷たい雫も レインシューズ 踊る step step step step step 楽しめたね きっと ‥涙 雨模様リグレット 想い出をだきしめている その向こう 揺れるのは もどかしいくらいの優しさ 「本当のことを伝えたら 明日はきれいな青空」 天気予報があたるみたいに 会えたらいいな ずっと消してない言葉に 返事 つながっていくのか 試したくて でもできない だけど 待ってるのは弱さ 傘を借りたままのドアに 夢が残されていても まだ答えもなく呼ぶのは したくないと決めたの いつか成長できた頃に 会える そんな歌を聴いている ごめんね わかってあげられなかった smile smile smile smile smile 深く胸にしみる ‥あの日 雨模様リグレット 想い出に問いかけている もっと早く気づけたら わかるよってあまえられたかな おんなじ場所を何回も 流される木の葉のように 繰りかえしてる あふれる想い 届いていって ね さよならの時 ね 傘をくれたね 今度こそはかえしたい heart 笑顔 雨模様リグレット 想い出をだきしめている その向こう 揺れるのは もどかしいくらいの優しさ 「本当のことを伝えたら 明日はきれいな青空」 天気予報があたるみたいに 会えたらいいな

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります