AWA

飛天

242,572
1,818
  • 2023.07.06
  • 3:03
AWAで聴く

歌詞

傷有りのさすらいの身 痛みに鈍感な僕たち もう錆びついたりはしない 野晒し上等の切先 あくまでも感覚的に 正しいと思えた道を 僕たちは騙し騙し走ってきたんだ 間違いの一つや二つはあった 刷り込まれた相対的な 幸せに興味などない 譲れないもの守る為この 頭を捻る刀を握る 十字路で交差 昨日のようだ 記憶の奥で目を覚ます動乱 いとも簡単 魅入られそうだ 真っ赤な雨が奏でる鎮魂歌 儚く散る亡者 手招いてる門番 身の内から焼き尽くす業火 地獄だろうが 天国だろうが 見てる前 先を急ごうか 傷まみれなんだとっくに かさぶたもう一度剥がし 飛天 高く飛び立つ為に しゃがみ込んだこの姿を 笑いたきゃ笑えばいい 汚れてなお空を睨む 僕たちはきっと誰より美しいぜ さあ今日も耐えてみせる 泥臭く生きるのさ 誰彼の道楽的な 正しさに怯えた日々を 僕たちは流し躱し走ってきたんだ 間違い探しはうんざりなんだ 編み出された籠絡的な 称賛は味がしない 噛めば噛むほど 溢れる唾液に お喋りも出来ない 振り上げる 信念の納めどころ見失った鞘 綺麗な思い出だけじゃ膨れない肚 括れなけりゃ無残 三枚に下ろされて さらば現世こそ修羅 罵声と歓声と返り血浴びて 清めてく身体 傷有りのさすらいの身 痛みに鈍感な僕たち もう錆びついたりはしない 雨晒しも恥晒しも吉兆 傷まみれなんだとっくに かさぶた何度も剥がし 飛天 高く飛び立つ為に しゃがみ込んだこの姿を 笑いたきゃ笑えばいい 汚れてなお空を睨む 僕たちはきっと誰より翔べる たとえ今日が腐った日でも 明日がもっと終わっていても 一人くらいはこんなのでも 愛してくれると本気で信じてるぜ 嗚呼いつかいつの日にか 泥の中に咲いて雲の上で散るのさ 嗚呼馬鹿みたいな日々を 生き抜いてみせるのさ

1曲 | 2023

このアルバムの収録曲

  • 1.飛天
このページをシェア

Ayase/R-指定のアルバム

1曲2023年
Ayase/R-指定
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし