AWA

可塑(田中タリラ remix)

409
7
  • 2023.11.15
  • 3:44
AWAで聴く

歌詞

濡れた言葉を一つ二つと並べる 窓際の陽の下 順に乾いて形を成す ふんだんな分断の誇張と象徴 遅まきながら気付いたのは 今までが帰納したから なにか恥ずかしいのは抜きん出たと 至って思ってしまったから 抱きしめる程の弱さもなく、 突き放すような強さもない 微々たる近似値を追い求める先に 幸福はあるのか 新装版案が欠けた本の縁取りを 誤魔化して 昨日のこと思い出すのは訳ないのに 緊張感がさんざめく 虚仮威しさえも閑却して 愛おしいと思い描くのは訳ないのに 口に出せば堪らない 悪臭を放ちながら 日々を彩る美しさの輪郭を 象ろうとしている欲 そして忌みのない意思を 倍していく人生が下から キリのない地味が最たる 支持体になると知っていて今更 日々を毎、日々を毎、 善へ改める義理を掬い出す手に 巣食う冷たく笑う鏡を割る悪さえも 携えていない 大きな陰りが土を湿らせたまま 退かないような感覚が傍にいる 仄かな日和を頼りにする祈りの中の 怒りや痛みを消している 浴び過ぎた悔やみの累積を知る 動けなくなる選択肢の数 進化のピリオド打っても暗闇じゃ ずっと帳の降りた夜、終わり 貧困な感覚だけの判断が いつか信じられない朝が来て 昨日や夢さえ朧気に溶けゆくだけの 耳の奥に 振動が頻度を増して届こうと 過去形の運動、可塑性の合同だ

このアルバムの収録曲

  • 1.可塑(田中タリラ remix)
このページをシェア

この曲を含むプレイリスト

小林私/田中タリラ
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし