AWA

Novemberland (feat. BUGS)

Track bymaco marets

588
1
  • 2021.02.24
  • 3:52
AWAで聴く

歌詞

少し薄着だったことに気づく 頬に触れる風 季節は老い急ぐ こごえる指を合わせる イマジナリー・ビーチ 跡形もなく去った夏を思い返す センタク出来ぬままに 錆を纏い 赤茶けた枯葉色の言葉 ふみしだいて 遠い 遠い 雲の切れ間なんて 青く水くさい場所に放る My  mindそこにいるかい まだ  光っているのやろか それは自ら 水と書いたかたち 描くことも出来ぬ はっとこぼれた ぱち ぱちとまたたく間に はじける 声も届かない ときのあわい 昼と夜のあわいだ 眠る あなたの かすかにふるう 長いまつ毛 きっと 先へと 走る電気 信号 音にならぬ 叫び抱いて ぼくはひとり 嘔吐くりかえし ここで膝を折るよ Novemberland, ハレルヤ そして喉の痛みとめざめ とても おそろしい夢をみていたようで ずれた毛布 引き寄せる わずかに残る温みたしかめ 息をそっと 吐いて  Hey しんしんと耳の奥で骨が鳴ってる 朝の訪れ  めくられるページ 気づきゃここはNovember です 冷たい心臓 から伝令 「ひらいてくれよ メッセージ 」 連絡される 陰 に結びついた 肌 その滑らかさにほだされ 束の間の期待をはんで  笑んだ ぼくに 満たされる はずもない いつも裏返したままのポッケ 溢れる薄明 そこにひとときの 感慨をにじませ ふと父と同じ場所に 生えてきた白い髪の毛に触れる たぶん戸惑いじゃなくて 肺の奥でそれは鳴いてる Novemberland, ハレルヤ 少し薄着だったことに気づく 頬に触れる風 季節は老い急ぐ こごえる指を合わせる イマジナリー・ビーチ 跡形もなく去った夏を思い返す センタク出来ぬままに 錆を纏い 赤茶けた枯葉色の言葉 ふみしだいて 遠い 遠い 雲の切れ間なんて 青く水くさい場所に放る My  mindそこにいるかい

このページをシェア

maco maretsの人気曲

maco maretsのアルバム

1曲2020年
8曲2020年
1曲2020年
10曲2019年
1曲2019年
1曲2019年
11曲2018年
1曲2017年
1曲2016年

この曲を含むプレイリスト

maco marets
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし