恋人みたいに。~平成最後の恋だった編~

恋人みたいに。~平成最後の恋だった編~

Track by さめざめ

1,300
22
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:笛田さおり

作曲:笛田さおり

東京メトロで乗り換えるたび 脱線しちゃう あたしのときめき こんがらがった線路で迷路 終点はまだ工事中です 誰にも言えない恋だった 誰かに言ったら笑われる気がした 誰にも言えない秘密だった 好きになったこっちが悪い あたしたち 恋人みたいに目をあわせて 恋人みたいにチューをして 午前三時 思考回路 ショート寸前 恋人になれないことなんて 最初から分かっていても きみのなかの女の子に ずっとなりたかったの <♪> 自分がしてしまったことに 後悔なんてひとつもないよ あたしはあたしを絶対に信じない 所詮みんな裏切りものです 誰にも言えない恋だから 誰かに本当はすごく言いたかった 誰にも言えない秘密だけど 悪いことはしてないよね あたしたち 恋人みたいに手をかさねて 恋人みたいにエッチをして 午前三時 思考回路 ショート寸前 恋人になれないことなんて 最初から分かっていても あたしのなかの男の子に なってくれてありがとう <♪> 「すき」 恋人みたいに目を合わせて 恋人みたいにチューをして こんなに優しくされてるのに 恋人と何が違うんだろう 恋人みたいに手をかさねて 恋人みたいにエッチをして 午前三時 思考回路 ショート寸前 恋人になれないことなんて 最初から分かっていたのに きみのなかの女の子に ずっとなりたかったの だからこれでよかったの

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります