AWA

HARU(仮)

Track byTHREE1989

13,191
15
  • 2021.01.13
  • 5:17
AWAで聴く

歌詞

カタチあるモノに答えを浴びせ 度外視の感情は行き場を失った すれ違い 嘘と側に居続けた跡が 古傷に成って永遠を見つめた 春 開け放った窓 群青が光る 蕾はそこらじゅうで 顔を洗って待ってる ベルの音は聞こえないフリ 居留守を憶えた季節に 散乱した計画だけが カレンダー染めてく カタチあるモノに答えを浴びせ 度外視の感情は行き場を失った すれ違い 嘘と側に居続けた跡が 古傷に成って永遠を見つめた 春 常識のナイフを右手に忍ばせ いつからだろうか 流行りの仮面をして 雨の弾丸よ この身を撃って 錆びついてた土壌を潤して シンコペートする街のリズムに メロディを奪われぬように 聖者が夜を駆けてゆく頃に 見上げた宇宙へはまだ届かない 遊び疲れた 凪あう風や 君を連れてけ 次の季節へ 変わらないまま 変わりゆくのさ 僕を連れてけ 素直なままで 春 カタチあるモノに別れを告げ 悲しみを越えてゆく すれ違い 嘘も美しき過去へ変わる 僕を連れていけ 素直なまま 古傷は癒えなくてもきっと 出逢うんだ 確かな春 wherever let you go... wherever let you go... I Just now never ever let you go... また to be continued...

このページをシェア

THREE1989の人気曲

THREE1989のアルバム

THREE1989
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし