AWA

好きということは...

Track by日向坂46

39,477
208
  • 2020.02.19
  • 4:28
AWAで聴く

歌詞

古い石段 上り切ったら 油蝉が一斉に鳴く 鬱蒼とした山の神社で 待ち合わせしたあの夏の日 僕は大きく深呼吸して 初めての恋に震える気持ち 飲み込んでしまおうとした 日陰の境内に一人きり ポツンと立っていた君が 振り向いて微笑んだ 入道雲 近づいても 一緒にいよう (僕が) 絶対 (君を) ずっと守るから 夕立なら 腕の中に 抱きしめよう (雨が) 降っても僕が濡れればいい 好きということは… 空のどこかが 光った後で すぐ近くでゴロゴロ鳴った 木々の葉っぱに雫(しずく)が落ちて やがてバケツの底が抜けた 雨がこんなに大音量で ザザーっと降って来ると思わず ロマンティックな気分だったのに… 君の左手引っ張って走って ずぶ濡れになった僕らは 笑うしかなかったよ 雨雲よ この想いを 伝えておくれ (君を) ぎゅっと (腕に) 抱きしめたいんだ でもどこで 立ち止まれば いいのだろう? (雨の) せいで タイミング掴めない 好きと言えなくて… もうこうなったら 開き直って 二人で濡れたまま歩こうじゃないか 何があったって 愛は最強だ 立ち止まって (見つめながら) 抱きしめ合えば 僕らの世界 入道雲 近づいても 一緒にいよう (僕が) 絶対 (君を) ずっと守るから 夕立なら 腕の中に 抱きしめよう (雨が) 降っても僕が濡れればいい 好きということは… こういうことだろう?

このページをシェア

日向坂46の人気曲

日向坂46
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし