夏の大三角形

夏の大三角形
470,194
9,411
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:Tatsuya Mitsumura

作曲:Tatsuya Mitsumura

言葉に出来ない願いに
目を背けたことが
何度あっただろう
慌ただしく時は流れ
立ち止まることも
出来ずもがいてたんだ
肌を刺す陽射し掻き分けて
流れる汗の粒が
キレイに見えたのは
いつのことだっけ
もし神がいるのなら この声よ届け
流れた涙
いつか迷っちゃいないんだって
強がっちゃいないんだって
思える日が来るのかな
「そんなしかめ面ぶら下げて
俯いて歩いてるから
目の前に
女神(ヴィーナス)がいても
気づかないんだ」って
君は笑った
三秒間 君に見惚れて
いま全力で恋してる 夏の大三角形
想定外 風が眩しい
はしゃぐ君の笑い声で
楽園に変わる

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります