AWA

なんもない (feat. 星街すいせい, sakuma.)

Track byMAISONdes

38,285
450
  • 2024.05.01
  • 3:38
AWAで聴く

歌詞

僕がいちばんなんにもないんだろう 君もいちばんなんにもないんだろう 僕ら なんも なんも なんも なんも 手にできてないんだろう 小さな光探してもがいてた夜 添い遂げた そんな日々を謳い記したこの歌 たった一つ夢が叶うなら 何がほしいと言うだろう もしたった1人誰かになれるなら 誰になりたいと言うだろう すぐに側に届かないものばっか 欲しがって語って 何故か意気込んでいた 蒼い空気 微風の行き先 言葉の軌跡 僕らの心臓音 限りなく美しく感じた 計画的不完全な理想論 階段昇りかける度 飛び降り 無理矢理振り出しへ 迸る呼吸 吐き出した 信じていたものが信じてたような 形してないと気づいた時も 無邪気の果て みたいに笑った 目を逸らすことばかり 上手くなっていた …生きていた 僕がいちばんなんにもないんだろう 君もいちばんなんにもないんだろう 僕ら なんも なんも なんも なんも 手にできてないんだろう 小さな光探してもがいてた夜 添い遂げた そんな日々さえも 愛おしく思えた あの日涙流さないって決めただろう 涙流せないって決めたんだろう なのに なんで なんで なんで なんで なんで 泣いてたんだろう 輝いて見えていた あの日観た星達は 今 どこかで誰か照らし続けてるかな まだそこにあるのかな たった一度きりじゃない 人生なら どう生きてくんだろう けどたった一度きりの今すら ちゃんと生きているのか… どうだろう 何度何度自問したって 明日になって忘れちゃって 目の前ばかり見てた 白い気持ち 眩しすぎるアカリ 夢の後先 未だ見ぬ第四音 そこはかとなく予感して 見て見ぬふり ひた隠した感情論 みっともないくらい なりふり構わず駆け巡って これが正しいと飲み込んだ 後戻りはできない 戻りたくもない そこには何もないと決めつけた あの一等星はハリボテだ とっくに気づいていた でも進んでいた …震えてた 祈っても 祈っても 届かない わかってる ここは いつまでいても良いんだろう? そして次はどこ行きゃ良いんだろう 何で みんな みんな みんな みんな 諦められるんだろう こうやって喚いたって 「事実は小説よりも奇なり」だ こんな皮肉さえ愛しいと思えた 僕がいちばんなんにもないんだろう 君もいちばんなんにもないんだろう 僕ら なんも なんも なんも なんも 手にできてないんだろう 小さな光探してもがいてた夜 添い遂げた そんな日々さえ美しいと思えた あの日涙流さないって決めただろう 涙流せないって決めたんだろう なのに なんで なんで なんで なんで なんで 泣いてたんだろう 輝いて見えていた あの日観た星達は今 どこかで誰か照らし続けてるかな まだそこに在るのかな

このアルバムの収録曲

  • 1.なんもない (feat. 星街すいせい, sakuma.)
このページをシェア

MAISONdesの人気曲

MAISONdes
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし