虹のソルフェージュ

虹のソルフェージュ

Track by 石原夏織

532
7
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:中山真斗

作曲:佐藤純一

嵐はもう過ぎ去った なけなしの悲しみを連れて 何事もないみたいな空 少しにくいね はりついた前髪をぬぐって 目を凝らしてみた 見たこともない色使いで 奔るセンセーション 混じり合う 鮮やかに その魔法が 怖くて 目をふさいだのは誰? 通り過ぎる雨に濡れて 輝きだした虹はメロディ 偶然みたいに 愛しくなる その意味を知ったよ なぜだか立ちすくんだのは いつもとは違う未来が 胸に差し込む その眩しさに どうしようもなくて、戸惑った 傘もささず はしゃいだ誰かが羨ましかった そんな背中 それもいいかな 今ならきっと そして胸に宿った頼りない、でも確かな色 キミのものと混ざり合って 滲むグラデーション 透き通る 胸の中 その軽さで 誰より自由になっていいの 強く握ったままの手じゃ きっと掴めなかった世界 そっと開けた その手の中 可能性 ずっとプリズム 誰かのせいばかりにして きっとだれより臆病で 流れた涙 今は分かるよ 優しさの色で 描いたら 傷ついた心を いつしか解くように ふいに溢れだした涙はもうきっと 宙(そら)に溶けた 通り過ぎる雨に濡れて 世界が色褪せたとしても 悲しいことも 悔しいことも 光差すまで 全部全部 歌おう 何度も生まれ変わって 輝きだした虹はメロディ 偶然みたいに 愛しくなる その意味を知ったよ なぜだか立ちすくんだのは いつもとは違う未来が 胸に差し込む その眩しさを 忘れないように 駆け出した ここから 遠くへ 遠くへ 好きな色に変われ

APPEARS ON PLAYLISTS

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります