嵐が去るまで

嵐が去るまで
109,573
1,752
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS

作詞:ケツメイシ

作曲:ケツメイシ / CHIVA

人はどんなに優しく生きても
他人を傷つけてしまう
生きものだから
せめても僕は自分で
自分を傷つけたりしないように
真っすぐに生きすぎたら
穏やかなカーブさえも
曲がりきれなくて
例え君の涙の雨が
溢れ出しそうな日が来ても
今はそれで良いんだよ
例え君を取り巻く風が
強く嵐のようになっても
君が強くなってゆけばいいんだよ
いつか気付く こんな日もあると
周り気にせず ゆっくり歩こう
少し運が無かっただけ
太陽に少し雲かかっただけ
誰しも弱い 孤独も怖い
ただ同じ日は 二度と来ない
涙の行方はわからないが
雨が降らなきゃ 虹はかからない
我が物顔の野良猫にカラス
こんな雨の日 どこで夜を明かす
僕らは屋根あるだけましかもな
思いながら乗り切る 明日をな
どしゃぶりじゃ叫びも届かないが
すぐまた晴れる 悩む事はない
あと少しだけ強くなればいい
嵐が去って 笑えたらいい
止まらずに走ってきたから
弱い気持ち 誰にもうまく
伝えきれなくて
例え君の涙の雨が
溢れ出しそうな日が来ても
今はそれで良いんだよ

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります