AWA

mare~君と綴る航海日誌~

994
11
  • 2019.09.13
  • 4:31
AWAで聴く

歌詞

煌めく月夜の凪いた海辺 水面に佇む君の面影 祈るような声で紡がれていく 僕に贈られた言葉 水底に深く落ちていく、言の葉たち 心の奥を目指し 優しい励ましが 労りの言葉が 静かに碇を下ろした 君が落とした言葉が 心の海を揺らして 漣は 虹色に眩しく輝いた 僕も、君に返したい 言葉を見つけるから それまでは 隣にいて、いいかな? 遥かなる海の その果てまで 宝を探して 君と、漕ぎ出す 固く握った地図は 白紙のまま 君が絵の具を零した 漕ぎ出した涙が生み出す 思い出たち 水平線を目指し 時に 傷つけ合い、哀しい夢に泣いても 二人は この海を越えた 君が零した絵の具が 心に地図を描いて 辿り着くその場所は 思い出の宝島 僕も、君に返したい 宝を見つけるから あと少し…隣にいて、 待っていて? 君がくれたものばかり 僕の心に積もって 荒れ狂う波のような 愛しさが溢れた 僕も、君に返したい でも まだ見つからない だから、まだ 隣にいて 待っていてほしい…… 君と巡った軌跡が 綴られていく物語 星空の航海は その先へ進もう 君に返したいものを 見つけるためのMemory 君とまだ、紡いでいきたいから…… これからも……隣にいて、 待っていて?

このページをシェア

この曲を含むプレイリスト

文月 海(CV:羽多野 渉)
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし