AWA

青き炎

Track byZwei

1,799
19
  • 2019.04.17
  • 4:35
AWAで聴く

歌詞

ふわりとなぞる風は 包む指をすり抜けて 刹那に満ちて欠ける 月が妖しく光る彼方へ いつか別つと 定めし空の下 僕らは確かに傍にいる 重ねた時の果てに散りゆくとも 微笑みも 囁きも 震えた背中も ただ「忘れぬ」と 想う胸に寄せ 見上げし夜を焦がす 青き炎(ほむら) 夢から醒める星が 独り 真西へ傾く 別れは怖くないと 交わす瞳の影が揺れてる さざめく闇が 君を癒さぬなら 想いは 定めを越えるから 煌めく切っ先が示した道を 受け止める 支え合う 躰はなくとも 今燃え上がる 鼓動 触れた手を 離さず哭いた君を 繋ぎ留めて 寂しさを忘れ眠る夜に いつか託された言葉 紡いだ証を 抱き締め僕はゆく 彷徨う指先をすり抜けるほど 瞬いて 揺らめいて 消えゆく想いを 燻る風が 連れて越えてゆく 僕らは傍にいる 重ねた時の果てに散りゆくとも その声を その頬を 出会えた痛みを ただ「忘れぬ」と 想う胸に寄せ 見上げし空を焦がす 青き炎(ほむら)

このページをシェア

Zweiの人気曲

この曲を含むプレイリスト

Zwei
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし