AWA

Knockin'on the door of my heart

Track byglobe

6,392
131
  • 2002.04.17
  • 6:24
AWAで聴く

歌詞

饒舌なやりとりが 常識の塀を造って 常温の感情だけじゃ いつまでも飾りしか見えない 上辺しか見えない 雨模様の都会では それぞれのかさが色彩りを。 みんな心が見えなくて ほら顔でさえ隠してる その中のひとりかも 私も…。仲間かも Dans cet univers j'etais bouleverses... Seul les inquietudes m'interpelent... Dans cet avenir incertain replonge dans la memoire de facon conciente et aussi inconsciente La rencontre des regards Separation, vibe intense Ce sentiment flou qui m'envahit, qui me fait perdre la notiou du temps Perdue dans l'espace de cette chambre. Bouleverse par ton rhytm Prenant le temps de partager ces moments Tes bras et tes jambes flechis, ta tete toumee vers mon cote, tu gardais tes mains fermees Tu dormais beaucoup Peut etre trop, tu me faisais peur Sensible a mes caresses, tu me reconaissais et tu me souriais Longtemps, immobile je restais sur le seuil de la maisons Des taches de lumieres dansaient sur mon corps La lune deversait sur moi une pluie d'argent Levant les yeux vers les etoiles je murmurais ton nom Un soupir de douleur Une longue plainte qui courait sur les nuages Tu dormais le pouce au bord de tes levres dans l'univers de ta mere veilles sur moi ふとしたきっかけが 不意打ちにやってきた 奥そこのパンドラの箱 あなたが今ノックしてる Knockin'on the door… Knockin'on the door… ずっとずっとこのままじゃ私の中で の常識が 埋もれてゆく気使いに。だから今夜 こそどうしても 情熱を信じたい 教えてくれたから Knockin'on the door… Knockin'on the door… Knockin'on the door of my heart 大きな声で泣くのかも 大粒の涙流すかも あたりくだける価値を知る すべてを投げだす意味を知る こんなに手枷足枷を はずしてくれた人はいない 耳をかたむけてくれること こんなに嬉しいことなんて 夏のとびらが開く前に 常識のkey(かぎ)をはずせたら 梅雨時の灰色の空を 光がひとつひとつずつ パンドラの箱をすりぬけて 夏服を私に届ける 安らぎの服があなたから 届いているのが嬉しくて もう一度ドアをノックして ほほえむ私がいるはずだから もう一度ドアをノックして ほほえむ私がいるはずだから lalala… ほほえむ私がいるはずだから…

このページをシェア

globeの人気曲

この曲を含むプレイリスト

globe
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし