AWA

dot

Track by秦 基博

2,116
27
  • 2007.03.07
  • 5:17
AWAで聴く

歌詞

Summer 溶け出してしまいそうな体 I Wander ‘ホントノジブン’ なんていない 首筋に梅雨の残響 10tもの水が 頭上にたまる 初夏の頃 水の星の悦にひたる そんな文字どおりの午後 ねぇ 話しかけてみたい 僕に何が出来るというの 所詮 小さな点じゃない こぼれそうな空に聞いたの 運命を My words 誰かに向けたのに 自分に言ってた In my world ここにいる意味は まだ見えない 消えてゆく春の残像 数えきれぬほどの水滴で 空はまるで宗教画 なんていびつで キレイなものだろう それを「雨」と呼ぶ事にした 子供達は「雨」に踊る 僕はそれを見ている 僕だって そこにいたんじゃない 水たまりに映る姿を 踏んで壊した 俯瞰する空の目は 僕らのこと 雨粒より小さく映して それでも僕は言うよ 空に… 「僕らは世界になるよ」 もう怖いものなんてない 世界は形を持たないの 僕は小さな点でいい 雨粒もやがて溶けるよ 水の星へ

このアルバムの収録曲

このページをシェア

秦 基博の人気曲

秦 基博のアルバム

13曲2019年
1曲2019年
1曲2019年
1曲2019年
3曲2019年
1曲2019年
2曲2018年
秦 基博
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし