AWA

同期の桜(台詞のみ)

7,058
79
  • 2:34
AWAで聴く

歌詞

昭和20年3月21日 陽光麗らかな日 「美しく立派に散るぞ!」 そう言って一番機に向かう戦友(と も)の胸に、 俺はまだ蕾だった桜の一枝を飾って 送った 明日は俺の番だ 死ぬ時が別々になってしまったが、 靖国神社で逢える その時はきっと桜の花も満開だろう 3月26日 花爽やかに開く日 お父さん、お母さん、只今より出発 します この世に生を受けて二十三年 まさか、お父さんやお母さんより早 く死ぬとは思ってもいませんでした お母さん、「泣くな」と言うのは無 理かも知れません でも、どうか「よく死んでくれた! 」そう言って下さい 私達は祖国を護る為に死んで行くの ですから 4月2日 春雨の煙る日 幸か、不幸か、俺はまだ今日も生き 延びている だが、雨が上がり、虹が橋を架け、 茜色の夕燒け空が拡がる時に、俺は 必ず征く 後に続くことを信じて 俺達の死を決して、犬死にしてもら いたくないのだ 海軍少尉、小野栄一、身長五尺七寸 、体重十七貫五百、極めて健康!

このページをシェア

鶴田 浩二の人気曲

鶴田 浩二
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし