AWA

透明な、あまりにも透明な

Track byナツノセ

3,179
36
  • 2023.05.31
  • 3:00
AWAで聴く

歌詞

息をする事も慣れてしまった 夏の暑さに嫌気が差した あの日々の声は透明だ あの夏の高架下 貶される事も慣れてしまった ギターを弾く君だけを書いた 生きている事は沈丁だ あの夏と同化した 君が いなくなるなら それでもいいやと思えたから 僕は笑ったの 夏が終わりはじめて 蝉の骸がただ 君の世界が僕を透過してしまった 夏の気配が僕もどうかしてしまった 君の歌も雨上がりも 言葉も笑顔も花緑青も 夏の匂いも ただ 揺らいでゆく 息をすることに慣れてしまった 怪我をするごとに息を吐いた さよならの声は透明だ あの夏を透過したから 裏切られるのも慣れてしまった 声にならぬ声だけをはいた 言葉も所詮は偶像だ 何もかも捨て去ってしまったの 息をすることに意味などない 過去の思い出に意味などない 夏の夕暮れに消えてゆけ 全て洗い流されるみたいだ つまらない夢だけど この歌を 誰かに聞いていてほしかっただけ 君の世界が僕を透過してしまった 夏の気配が僕もどうかしてしまった 君の歌も雨上がりも 言葉も笑顔も花緑青も 夏の匂いも ただ 君の世界が僕を透過してしまった 夏の気配が僕もどうかしてしまった 君の歌も雨上がりも 言葉も笑顔も花緑青も 夏の匂いも ただ 君の歌も雨上がりも 言葉も笑顔も花緑青も 夏の匂いも ただ

このアルバムの収録曲

  • 1.透明な、あまりにも透明な
このページをシェア

ナツノセの人気曲

ナツノセ
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし