AWA

Soul Train

151
2
  • 2019.09.04
  • 3:59
AWAで聴く

歌詞

さえないのはそのせい 二ヶ月前の土曜日さ 確かね 夕立の上がった空に よく晴れた プラットホームで 指折り数えてく 君が見えなくなるまで 見送る背に手を振るのを思い出した ね フラッとかっ飛ばしたマイカーで 更けていく夜をながめて 流れるバックビートが少し薄れて 夢から覚める I love you babe これからは 一人じゃない 君がいるさ No less I stand そんなこと考えてたな 君を奪って 夢の中手を離しても大丈夫さ 季節が変わるように 僕らは変わるさ いつのまにか あの部屋に背を向けて 混み合った駅で待つ もう一度開いた手紙はしまっておく よ いつだって敵わない もう時間さ 顔を上げて 見慣れた街が小さくなって輝いて まだやれるさ 見つめる夜汽車の窓を雨が叩いて 流れるバックビートに少し合わせて 眠りに落ちる I love you babe これからは どこへでも君はいけるさ No less I stand そんなこと考えてたな 君は笑っていて 夢の中手を降る 季節が変わっていく また歌うように いつのまにか She steals my clown Like a blowin’the wind She walks away Like a cigarettes smoke I said to myself But I'm ok maybe Kick out these days And let it flow on my way

このページをシェア

Jurassic Boysの人気曲

Jurassic Boysのアルバム

この曲を含むプレイリスト

Jurassic Boys
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし