暖かい都会から

暖かい都会から

Track by teto

8,015
374
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS
蝶々結びで締めた思い出を
そっと遠くについて開いたら
果汁100パーセントの鮮度で
蘇った 昔の私
夢が夢のままで終わらないように
目覚まし時計をかけていた
何時何時明日が来たっていいように
ポケットから手をだしていた
耳元で戯言を囁く小悪魔なんかは
怖くは無かった
知らなかった 知らなかった
「相変わらず同族嫌悪と
妄想してんの?」
って見透かし帝王
「叶う叶う」と自称暖かい都会から
見下す気分はどうだい
本音なんて置いておいて
余計なお世話だって
蹴って時間が経って這って
いつしか本当のところ本物の心
なんてものは無くなっていた
浅はかだ 浅はかだ
本命なんて放っておいでよって
腑抜けた声で誘って
間抜けに反省、懺悔
左右前後運動の多少面倒臭い
過剰な愛としか思えない
頭が仇になった
雑踏の中に埋もれたまま
シャットアウトして
やっと目を閉じた

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります