AWA

光るとき

Track by羊文学

135,139
1,311
  • 2022.01.12
  • 5:51
AWAで聴く

歌詞

あの花が咲いたのは、 そこに種が落ちたからで いつかまた枯れた後で 種になって続いてく 君たちの足跡は、 進むたび変わってゆくのに 永遠に見えるものに 苦しんでばかりだね 荒野を駆ける この両足で ゴーイング ゴーイング それだけなんだ 明日へ旅立つ準備はいいかい そこで戸惑う でも運命が コーリング コーリング 呼んでいる ならば、全てを生きてやれ 何回だって言うよ、世界は美しいよ 君がそれを諦めないからだよ 最終回のストーリーは 初めから決まっていたとしても 今だけはここにあるよ 君のまま光ってゆけよ あの花が落ちるとき、 その役目を知らなくても 側にいた人はきっと 分かっているはずだから 海風を切る 胸いっぱいに ゴーイング ゴーイング 息をするんだ 今日を旅立つ準備はいいかい ときに戸惑う 繰り返すんだ コーリング コーリング 聞こえてる ならば、全てを生きてやる 何回だって言うよ、世界は美しいよ 君がそれを諦めないからだよ 混沌の時代に、 泥だらけの君のままで 輝きを見つめていて 悲しみに向かう夜も、 揺るがずに光っていてよ いつか巡ってまた会おうよ 最終回のその後も 誰かが君と生きた記憶を 語り継ぐでしょう いつか笑ってまた会おうよ 永遠なんてないとしたら この最悪な時代もきっと 続かないでしょう 君たちはありあまる奇跡を 駆け抜けて今をゆく

1曲 | 2022

このアルバムの収録曲

  • 1.光るとき
このページをシェア

羊文学の人気曲

この曲を含むプレイリスト

羊文学
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし