AWA

ざんげの値打ちもない

Track by山崎ハコ

777
19
  • 2018.06.20
  • 5:58
AWAで聴く

歌詞

あれは二月の寒い夜 やっと十四になった頃 窓にちらちら雪が降り 部屋はひえびえ暗かった 愛と云うのじゃないけれど 私は抱かれてみたかった あれは五月の雨の夜 今日で十五という時に 安い指輪を贈られて 花を一輪かざられて 愛と云うのじゃないけれど 私は捧げてみたかった あれは八月暑い夜 すねて十九を超えた頃 細いナイフを光らせて にくい男を待っていた 愛と云うのじゃないけれど 私は捨てられつらかった あれは何月、風の夜 とうに二十も過ぎた頃 鉄の格子の空を見て 月の姿がさみしくて 愛と云うのじゃないけれど 私は誰かがほしかった そうしてこうして暗い夜 年も忘れた今日のこと 街にゆらゆら灯りつき みんな祈りをするときに ざんげの値打ちもないけれど 私は話してみたかった

このページをシェア

山崎ハコの人気曲

山崎ハコのアルバム

9曲2017年
10曲2014年
10曲2014年
10曲2014年
10曲2014年
12曲2014年
13曲2014年
10曲2014年
11曲2014年
山崎ハコ
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし