AWA

花火

Track byAdo

77,213
484
  • 2022.01.26
  • 3:32
AWAで聴く

歌詞

水色のアパート、 見慣れたドアをくぐって 春の終わりとうたた寝 メモに残る期待と 気まぐれな雨嫌って 汚れたシャツの袖 見ないふり どうしたって平凡な日々で もう嫌って言えば楽なのに バスを待ってる間に ふと考える未来の事 どうしたって零点な日々で もういいやって言えば楽なのに 寂しくなった 心の中 ねえ花火が上がった ねえ花火が上がった 青春の残骸と どうしようもない思い出 夜明け低体温と動いてる心臓を エンドロールに残されたみたいで 知らない誰かの生活の灯り 帰りの車窓に揺られ流されていく 知らない誰かの生活のストーリー 変わらない日々を まだ愛せないでいる どうしたって平凡な日々で もう嫌って言えば楽なのに バスを待ってる間に ふと考える未来の事 どうしたって零点な日々で もういいやって言えば楽なのに 寂しくなった 心の中 ねえ花火が上がった ねえ花火が上がった 青春の残骸と どうしようもない思い出 夜明け低体温と動いてる心臓を エンドロールに残されたみたいで ねえ花火が上がった ねえ花火が上がった 青春の残骸と どうしようもない思い出 夜明け低体温と動いてる心臓を エンドロールに残されたみたいで どこにもないみたいだ どこにもないみたいだ 映った 明かりと深く染まる 青く どこにもないみたいだ どこにもないみたいだ 濁ったパレード すぐに消える 最後の夜に

このページをシェア

Adoの人気曲

Ado
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし