AWA

Hunter Hayes

お気に入りされている
1,470
AWAで聴く
このページをシェア

人気曲

一緒に聴かれているアーティスト

バイオグラフィ

アメリカ合衆国、ルイジアナ州ブローブリッジで生まれ。 彼が音楽を始めたのは2歳の誕生日祝いに祖母からおもちゃのアコーディオンをプレゼントされた事がきっかけとなり、4歳でバンドに加入。5歳の時にはフロントマンになっていた。6歳でギター、ベース、ドラム、キーボードなどの楽器演奏を始め、同時期に作曲も始める。「6歳で初めて曲を書いたよ。毎日ギターをひいて、曲を作っていたよ」とハンターは語る。4歳の時にはハンク・ウィリアムスJr.と20万人の前で「ジャンバラヤ」をパフォーマンスしテレビ出演を果たす(YouTubeで1100万ビューを記録)。その後も彼はブラッド・ペイズリー、トレイス・アドキンス、リアン・ライムス、レイディー・アンテベラムと共演してきた。 21歳ですでにライヴ歴は15年以上、アメリカではスタジアムでライヴするほどのアーティストになっている。「過去15年間、僕は毎年30公演くらいはこなしてきたよ。いくつものフェスティヴァルに出演したさ」とハンター。カントリー界のスターであるテイラー・スウィフトも彼をイチオシ。世界公演である「Speak Now World Tour」の最終公演地であるセントルイス公演で、彼をオープニング・アクトとして抜擢。 2010年にはラスカル・フラッツのアルバム『Nothing Like This』の中の1曲“Play”の歌詞を共作。その後アトランティック・レコード・ナッシュビルと契約。 2011年半ばにデビュー・シングルであり、彼のメジャー・デビューアルバムである『ハンター・ヘイズ』からのファースト・シングルとなった、明るく爽やかなカントリー・ポップ“ストーム・ウォーニング”を発表。この楽曲ではハンターが全ての楽器を演奏しており(MUSICVIDEOを是非チェック!!)制作にはプロデューサーのダン・ハフが協力。共同プロデュース作品となっている。『ハンター・ヘイズ』は新人アーティストの作品ながら、カントリー・アルバム・チャートで最高位7位を記録。2ndシングル“ウォンテッド”も全米カントリー・シングル・チャート1位を獲得。アルバム『ハンター・ヘイズ』は全米で100万枚以上を売り上げ、アルバムからのシングル“WANTED”も400万枚以上を売り上げた。結果、第55回グラミー賞で最優秀新人賞を含む3部門にノミネートされ、授賞式では“ウォンテッド”を披露した。翌年の第56回グラミー賞では新曲“Invisible”を披露。過去グラミー賞で新曲を披露したのは5人目。
…もっと見る
Hunter Hayes
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし