AWA

FENCE OF DEFENSE

お気に入りされている
526
AWAで聴く
このページをシェア

人気曲

一緒に聴かれているアーティスト

バイオグラフィ

1985年、北島健二(Guitar)、山田わたる(Drums)、西村麻聡(Vo,Bass)という、当時スタジオ・ワークでは第一人者と謳われた3人によりFENCE OF DEFENSE結成。 1987年6月21日、アルバム「FENCE OF DEFENSE」で衝撃的なデビューを飾る。 以来1999年5月25日発売の「LOGICAL AESTHETICS SWIMMING TRAGEDY」まで12枚のオリジナルアルバムをリリースし、その後活動を休止。 2003年10月 4年間の沈黙を破って再始動。 2007年6月21日 デビュー20周年を迎えたこの日に『20th Anniversary Part1 “EPIC DAY”』と銘打ったライブを大成功させる。 2008年6月15日 デビュー20周年を締めくくるライブ『7670 FINALIZE』を開催。 全編でライブレコーディングが行なわれ、この音源を基にニューアルバムを制作されることが告げられた。 2009年3月 先述のライブ音源にスタジオ・ワークを重ねて作り上げた前代未聞の “オリジナルライブアルバム” として「挑戦進化-HYPER PROGRESS」をリリース。 また『7670 FINALIZE』の模様もDVD「挑戦進化-HYPER PROGRESS LIVE NAKED」として世に出ることとなった。そして11月には、3rdアルバム「2235 ZERO GENERATION」の楽曲を、センターステージ×5.1chサラウンドという最先端の環境でアップデートさせるスペシャルライブ『2235 ZERO GENERATION-UPDATE』を敢行。 常に新たな世界を切り開き続ける真のプログレッシブ・ロックバンドとして、多くの支持を受けそのポジションを確立させた。 2010年 『Restrucitive Future 2235』として東京と名古屋でのライブを決行。 2012年 構想と制作に3年をかけた彼らならではのドライブ感満載のアルバム、「GOLDIVIN」をひっさげて『GOLDIVIN TOUR 2012』を行い、同年6月にはSHIBUYA-AXにて25周年記念ライブを行った。 サポートミュージシャンで参加したピストルバルブのホーンセクションをはじめ、ゲストミュージシャンとして織田哲郎氏や小室哲哉氏などが駆けつけた。 2013年 『Experimental Summer Drive』と題し、SHIBUYA REXのみライブが行われた。 2014年 1991年に発売された「digitaglam」の進化版として、「digitaglam2 RING WORLD」が発売され、東名阪でTOURを開始する!!
…もっと見る
FENCE OF DEFENSE
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし