AWAの学割 中学生以上の学生ならこんなにおトク!月額980円が月額480円に。まずは1か月無料でお試し!

むー の《12inc盤》への誘い Vol' 2「母さん、僕のあの12inch盤どうしたんでしょうね?ええ、夏 碓氷から霧積へゆく道で、谷底に落としたあの12inch盤ですよ。」

むー の《12inc盤》への誘い Vol' 2「母さん、僕のあの
Playlist by むー
330
13
  • 2020.06.24
  • 57:34
  • 8 Tracks
登録不要!1か月無料で聴き放題
TRACKS
DESCRIPTION
①『サンシティ』(85年)…… ⑧『ザ・ストラグル・コンティニューズ』(85年)…… 『サン・シティ』(Sun City)は、 ブルース・スプリングスティーンの古くからの盟友であり、 ブルース・スプリングスティーンの《Eストリート・バンド》のメンバーでもある リトル・スティーヴンことスティーヴ・ヴァン・ザントを中心としたプロジェクト 「アパルトヘイトに反対するアーティストたち」が1985年に発表した楽曲。 シングルとして発表された後、 アルバム『サン・シティ』(1985年)にも収録されました。 南アフリカ共和国のアパルトヘイトを批判した内容の歌で、 タイトルは南アフリカ共和国の白人専用のリゾート、サン・シティ(1985年当時はボプタツワナに属していた)に由来しています。 当時、バンド・エイド(1984年)や USAフォー・アフリカ(1985年)の成功を見ていたスティーヴ・ヴァン・ザントは、 この曲も自分の名前で発表するより、 オールスターが参加したシングルとして発表した方が、 はるかにメディアの注意を惹きつけられると考えました。 そして彼の呼びかけにより、ヴァン・ザントと共に活動していた ブルース・スプリングスティーン バンド・エイドの発起人であるボブ・ゲルドフ を含む、ロック、ジャズ、ヒップホップ、レゲエ、アフリカ音楽等、様々なジャンルのミュージシャンが集結! ヴァン・ザントはイントロに マイルス・デイヴィスの演奏を数秒間入れようとしたところ、 マイルスはなんと7分間も演奏し 「マイルスの演奏を6分も捨てることはできない」 という思いから ハービー・ハンコック、 トニー・ウィリアムス、 ロン・カーターと共にジャズ・ヴァージョンをまとめ上げて アルバム『サン・シティ』に 『ザ・ストラグル・コンティニューズ』という曲名で収録しました。 本シングルによるアーティストの収益は、 公益信託「The Africa Fund」に寄付されました。 ちなみに、《アパルトヘイト》とは アフリカーンス語で「分離、隔離」を意味する言葉で、 特に南アフリカ共和国における 白人と非白人 (カラードとよばれる混血民──コイサン系の先住民とヨーロッパ人の混血や、 インドネシア、セイロン、マレー半島などから連行されたケープマレーを含む──や、 おもにインドから来たアジア系住民、そしてネイティヴと呼ばれた黒人) の諸関係を規定する人種隔離政策のことを指す。 数々の人種差別的立法のあった南アフリカにおいて1948年に法制として確立され、 以後強力に推進されたが、1994年全人種による初の総選挙が行われ、この制度は撤廃されました。 ②『サム・ライク・イット・ホット&ザ・ヒート・イズ・オン 』 by ザ・パワー・ステーション…… ⑥『エレクション・デイ』 by アーケイディア…… ⑦『リフレックス』 by デュラン・デュラン…… 《デュラン・デュラン》のベーシスト、ジョン・テイラーが発起人として、 ジャンルを超えたアーティストが集まり、レコーディングしたのが《ザ・パワー・ステーション》です!  ボーカルは、ヨーロッパで高い人気を得ていた《ブルー・アイド・ソウル》のソロ・シンガー、当時36歳のロバートパーマー。 ベースは《デュラン・デュラン》の当時26歳、ジョン・テイラー。 ドラムスは《シック》の当時36歳、トニー・トンプソン。 ギターは 《デュラン・デュラン》の当時24歳アンディ・テイラー。 実にカッチョイイSound! 「サム・ライク・イット・ホット」 - "Some Like It Hot" (1985年3月) 英14位・米6位! 吉川晃司も『レインダンスが聞こえる』でガッツリ真似してましたね! これにもうひとつ、デュラン・デュラン系の《期間限定ユニット》 アーケイディア (Arcadia) こちらのメンバーは 《デュラン・デュラン》の サイモン・ル・ボン ニック・ローズ ロジャー・テイラー。 バンドの由来は、 17世紀フランスの画家ニコラ・プーサンの代表作『アルカディアの牧人たち』にインスパイアされた名称という(アルカディア=楽園、理想郷の英語読みがアーケイディア)。 『情熱の赤い薔薇(So Red The Rose)』は、そのアーケイディアが残した唯一のアルバムです。 このアルバムのゲストミュージシャンが豪華! デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)や スティング アンディ・マッケイ(ロキシー・ミュージック)、 さらに、日本からは《一風堂》のギタリストの土屋昌巳が参加し、サウンドプロデュースにも関わったとのこと。 また、ジャズ系のハービー・ハンコックなども参加しています。 この『エレクション・デイ』は、全米6位、全英7位でした。 そんなデュラン・デュランの代表作は、 1984年に全米・全英ともに1位となってヒットしたこの『ザ・リフレックス(The Reflex)』 1983年11月 に発売された『セブン・アンド・ザ・ラグド・タイガー』に収録されてます。 メンバーのニック・ローズは『ザ・リフレックス』をあくまでアルバム用の曲と捉えていましたが、 他のメンバーはシングル・ヒットの可能性があると考えて、 最終的にはナイル・ロジャースによるリミックス・ヴァージョンが本作からの第3弾シングルとしてリリースされ、 バンド2作目の全英1位シングル、そして初の全米1位シングルとなりました。 ③『ドリームタイム』(86年)by ダリル・ホール ⑤『ダンス・オン・ユア・ニーズ』(84年)by ホール&オーツ ダリル・ホールの2nd ソロ・アルバム 『Three Hearts in the Happy Ending Machine』 邦題『ドリームタイム』からのシングルカット『ドリームタイム』は ZARD や 大江千里 に影響を与えた 全米5位の大ヒット曲 日本人好みのいい曲ですね。 『ダンス・オン・ユア・ニーズ』は、1984年の全米5位のアルバム『ビッグ・バン・ブーム』から 2週連続全米1位の『アウト・オブ・タッチ』が人気のアルバムですね。 『ダンス・オン・ユア・ニーズ』は12inch盤が最高! ④『セレブレイト・ユース』(85年)by リック・スプリングフィールド 歌手でデビューしましたが、売れず 1981年のドラマ『ジェネラル・ホスピタル』のイケメン医師役で人気が出た後に 再びシンガーに。 1985年のアルバム『TAO(道)』は、私のフェバリット・アルバム。 『ダンス・ジス・ワールド・アウェイ』 『ステイト・オヴ・ザ・ハート』等好きな曲いっぱい! アルバムは全米21位 シングル『セレブレイト・ユース』は全米26位。

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります