AWA

太陽 (Live at 日本武道館 2004)

Track by槇原敬之

836
2
  • 2004.11.25
  • 8:49
AWAで聴く

歌詞

僕らにかかった雨雲は すべてを隠し試した 信じたもの全て嘘にするなら この雨をやませてやると 僕はそのとき思い返してた あの夜風に追いやられ 逃げる雲さえきれいに染める 夕焼けを見たことを 美しさは変わらない もしも変わるとすれば それを映す人の気持ちが 変わるだけだから 何も求めずに 何も変わらずに いつも僕らを照らす太陽を この暗闇の中 雨に打たれながら ずっと待ち続けた そうして今僕は 明るい日差しの中で ずぶぬれになった僕に 変わらない あのぬくもりを また感じ初めていた 確かに一度も迷わずに いられた訳じゃないんだ 疑うことで本当の事が 確かめられる時もある 例えばあの時の雨雲が 僕らにかからなければ 前より強いこの気持ちを 感じられていただろうか 誰かのための幸せを 当たり前の様に祈りたい 今の僕に必要なのは ただその一つだけ 何も求めずに 何も変わらずに いつも僕らを照らす太陽を この暗闇の中 雨に打たれながら ずっと待ち続けた そうして今僕は 明るい日差しの中で このぬくもりをあたりまえに 感じていた僕に 初めて気付いた 今まで一度も自分に 嘘をついたことは無いか? 違うのに正しいと やり過ごしたことは無かったか? 問いかけた時僕は気付く 喜びも悲しみも 自分がすべて選び心に 招き入れていることに 何も求めずに 何も変わらずに いつも僕らを照らす太陽を この暗闇の中 雨に打たれながら ずっと待ち続けた 当てのない不安で 容易く変わるような ものを僕は もう信じたくない 僕の見上げた空に 太陽があるから それがとても嬉しいから

このページをシェア

槇原敬之の人気曲

この曲を含むプレイリスト

槇原敬之
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし