AWA

春だったね

Track by吉田拓郎

27,051
453
  • 1972.07.21
  • 3:12
AWAで聴く

歌詞

僕を 忘れた頃に 君を 忘れられない そんな 僕の手紙がつく 曇(クモ)りガラスの 窓を叩いて 君の 時計をとめてみたい あゝ僕の時計は あの時のまま 風に 吹きあげられた 埃(ホコリ)の中 二人の声も 消えてしまった あゝ あれは春だったね ♪間奏中 僕が 思い出になる頃に 君を 思い出に出来ない そんな 僕の手紙がつく 風に揺れる 蒲公英(タンポポ)を 添えて 君の涙を拭いてあげたい あゝ 僕の涙は あの時のまま 広い河原(カワラ)の 土手の上を ふり返りながら 走った あゝ あれは春だったね ♪間奏中 僕を 忘れた頃に 君を 忘れられない そんな 僕の手紙がつく 曇りガラスの 窓を叩いて 君の時計を とめてみたい あゝ 僕の時計は あの時のまま 風に吹きあげられた 埃の中 二人の声も 消えてしまった あゝ あれは 春だったんだね

このページをシェア

吉田拓郎の人気曲

吉田拓郎
の他の曲も聴いてみよう
AWAで他の曲を聴く
はじめての方限定
1か月無料トライアル実施中!
登録なしですぐに聴ける
アプリでもっと快適に音楽を楽しもう
ダウンロード
フル再生
時間制限なし