瞬間

瞬間

Track by UA

345
5
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS
その葉っぱは恋をした
水面に現れては消える1個の泡に
きらきら光ってただ消える
葉っぱが気づくと
もう消えているあの娘
あの娘の頬にキスをしたいよ
11月のある朝
葉っぱの体がみるみる赤くなった
北風がピューンと口笛を吹いたとき
葉っぱは一陣の竜巻になって
クルクルと水面に落ちた
全身を震わせ
冷たい冬の水を
あっためるほどに赤い彼
陽がすっかり傾いて
彼に負けないくらい空が
赤くなりだしたとき
彼は想った
ああ僕は今日まで
こんなに奇麗な空を
見たことがあっただろうか
毎日毎日池ばかり見て
この広い世界をみることを
すっかり忘れていただなんて
そんな気持ちに浮かんでいた
そのとき
彼の背中に1個の想い
それは彼をゆっくりと
深く浅くゆっくりとなぞっていく
真っ赤な世界に溺れるように
彼は目を閉じた
右の耳に不思議な優しい音が
近づいたとき
彼は気がついた
あの娘だ
とうとう訪れた彼のたった
1つの願いが叶うとき
大きな世界に
包まれながら
小さなあの娘に触れるとき
彼がやっとできたことといえば
もう行ってしまうあの娘のために
少しばかり体を沈めて
あげることだけ
あの娘は右の耳元から
ころりとこちらに転がって
2人はそっと口づけをした

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります