夏花火

夏花火

Track by 半崎美子

1,847
25
登録不要!1か月無料で聴き放題
LYRICS
寄せては返す波間に
もう二度と出会えない
あなたを重ねて揺られていた
思い出ばかり増やして
退屈を分け合った
何もない それがよけいに二人をそ
っと近付けていた
漂(ただよ)う間(あいだ)だけ壊れず
にいた
泡のような日々だったけど
水面(みなも)のようにきらきら輝い
ていた
もう帰らない あなたがいた夏の日
焦げ付く太陽の余熱を夜風に沈(し
ず)めた
今も離れないのは

Get App

初めて利用する方は
無料お試し期間があります